sllde1
slide2
slide3
slide4

物理学(シラバス)

2018.09.11 09:26

moono 閲覧数:1

1.授業概要とねらい

 物理学は、様々な現象を記述する法則を発見し、それらを体系化することにより自然を理解しようとする学問である。本講義では、高校で物理を学習してきていない受講生にも、物理の原理や理論をわかりやすく開設し、物理学の3つの基本的な分野である力学・熱力学・電磁気学の各分野について、微分積分を用いてさまざまな量を定量的に扱うことにより物理学の基礎知識を学習する。さらに、物理の学習が食農学類でどのように応用されるのかを理解する。

 

2.望ましい水準

① 物理学の基礎を学び、食農学類で必要な科学的な思考力を身につける。

② 力学分野の運動、力、力のモーメントおよび仕事、エネルギーなどに関する基礎的な知識を習得する。

 

③ 物理学の波動・電磁気学・原子物理学の諸法則を理解し、自然科学に対する見方や考え方を習得する。

 

3.授業計画

(オムニバス方式/全15回)

(申 文浩/10回)

 ガイダンス、速度、加速度、落体の運動、力とそのはたらき、力のつりあい、運動方程式、摩擦を受ける運動、液体や気体から受ける力、仕事と力学的エネルギー、原子力物理、放射線とその性質などについて講義を行う。

(窪田陽介/5回)

 熱と物質、気体のエネルギーと状態変化、波の性質、音の性質、光の性質、音波と音の性質、光波と光の性質、電気と磁気などについて講義を行う。

 定期試験またはレポート

 

4.授業以外の学習

 高校で物理を履修していない(または履修したが受験しなかった)学生は、予備知識として以下を薦める。

 NHK高校講座 物理基礎 http://www.nhk.or.jp/kokokoza/library/tv/butsurikiso/

 一回の授業(90分)に対して3時間の復習を行うことを前提に進めていく。

番号 タイトル 投稿者 日付 閲覧数
» 物理学(シラバス) moono 2018.09.11 1
Login