sllde1
slide2
slide3
slide4

 

自己紹介
 
 2005年に留学のため来日し、2012年筑波大学にて博士学位(生物資源工学)を取得しました。専門は農業土木(水資源利用学)です。これまで韓国における公的灌漑管理や、福島県における農業用水中の放射性セシウムの動態解明、玄米への影響などの研究活動を行ってきました。
 2018年4月に農研機構から福島大学農学系教育研究組織設置準備室に転職し、2019年4月設置予定の福島大学食農学類(仮称)で農業土木分野の設置準備を進めています。
水は食と農において欠かせないものです。近年、地球温暖化の進行や気候変動で水の偏在化が顕著になっています。水の性質、力学の一分野である流れの科学、地球上の水循環、水資源の効率的利用、次世代水管理システムなど、水に関する研究に取り組んでいます。
 これからも国内外の水管理に関する研究活動や、地域の人材育成に力を入れ、農業土木分野に貢献したいと考えています。
 
Login