sllde1
slide2
slide3
slide4
番号 タイトル
17 ​​​​​​​2021年8月〜2022年2月、行政支援型の産学官連携による学術指導, 請戸川地区の取水堰の放射性物質モニタリング調査結果の整理及び放射性物質流入防止対策(開水路蓋掛工事)の効果検証, 分担(代表者:福島大学教授 神宮字寛), 総額1,980千円(分担額990千円)
16 2021年10月〜2022年9月、クリタ水・環境科学振興財団国内助成(人文・社会科学)(次世代灌漑管理システムの再構築に関する研究), 代表(単独), 700千円
15 2021年4月〜2026年3月, 科学研究費助成金(基盤A), 日本学術振興会, 放射能汚染対策10年の総括に基づく新たな産地形成と食農連携システムの構築, 分担(代表者:福島大学教授 生源寺眞一先生), 総額41,340千円(分担額2,639千円)
14 2020年10月〜2024年3月, 科学研究費助成金(国際B), 日本学術振興会, ベトナムにおける農民参加型水管理システムの基本デザインの研究, 分担(代表者:筑波大学名誉教授 佐藤政良先生), 総額15,860千円(分担額4,121千円)
13 2020年10月〜2021年9月、クリタ水・環境科学振興財団国内助成(人文・社会科学)(福島から日本の次世代灌漑管理システムを創る), 代表(単独), 700千円
12 2020年4月〜2024年3月, 科学研究費助成金(基盤研究C), 日本学術振興会, 被災地における少数帰村者による持続可能な灌漑管理システムの開発, 代表(単独), 4,290千円
11 2019年度クリタ水・環境科学振興財団国際会議助成(発表)(福島被災地における農業用水と農産物の安全に向けた取組み)150千円
10 2019年7月〜2020年3月, 国立研究開発法人産業総合研究所, 水中の放射性Csモニタリング手法の標準化・精度評価に関する研究, 代表, 990千円
9 2017年7月〜2018年3月, NTC コンサルタンツ㈱東北支社との共同研究, 農林水産省東北農政局, 請戸川地区かんがい用水放射性セシウム濃度等調査業務, 分担(代表者:久保田富次郎・農研機構農村工学研究部門), 13,720千円
8 2017年4月〜2018年3月, NTC コンサルタンツ㈱東北支社との共同研究, 農林水産省東北農政局, 大柿ダムかんがい用水の溶存態放射性セシウム濃度等の動態調査, 分担(代表者:久保田富次郎・農研機構農村工学研究部門), 12,038千円
7 2016年10月〜2017年9月, クリタ水環境科学振興財団国内助成事業, 公益財団法人 クリタ水・環境科学振興財団, 福島県の環境水に含まれる懸濁物質中の放射性セシウムの存在形態の検討, 代表, 1,000千円
6 2016年4月〜2019年3月, 科学研究費助成金(基盤研究A), 日本学術振興会, バックキャスト法による放射性物質汚染に対するモニタリング・対策の戦略研究, 分担(代表者:林誠二・国立研究開発法人国立環境研究所), 38,870千円
5 2016年6月〜2017年3月, NTC コンサルタンツ㈱東北支社との共同研究, 農林水産省東北農政局, 請戸川地区における農業用水水質実態調査解析, 分担(代表者:久保田富次郎・農研機構農村工学研究部門), 7,168千円
4 2016年6月〜2017年3月, NTC コンサルタンツ㈱東北支社との共同研究, 農林水産省東北農政局, 請戸川地区における放射性物質動態調査解析, 分担(代表者:久保田富次郎・農研機構農村工学研究部門), 9,890千円
3 2015年10月〜2016年9月, クリタ水・環境科学振興財団国内助成事業, 公益財団法人 クリタ水・環境科学振興財団, 農業用水中の放射性セシウム分析における前処理方法の検討, 代表, 1,000千円
2 2015年4月〜2018年3月, 農林水産省委託プロジェクト研究, 農林水産省技術会議, 農地への放射性セシウム流入防止技術の開発, 分担(代表者:太田健・農研機構東北農業研究センター), 72,000千円
1 2013年4月〜2015年3月, 農林水産省委託プロジェクト研究, 農林水産省技術会議, 農地等の放射性物質の除去・低減技術の開発, 分担(代表者:谷山一郎・農業環境技術研究所), 181,000千円
Login